経営学

経営学とは?

経営学はどんな学問なのでしょうか。経営について学ぶ、という事がどこまでの領域を占めるのかは、なかなか難しい疑問です。

経営の主体は一般的に「企業」ですが、その範囲だけとっても、株式会社のほか、病院、学校、NPO法人など多岐にわたります。

また「組織」の形も様々であり、従事する「人」まで対象に含まれる場合も多く、企業の活動が多様化している現代社会では、それに伴って経営学の範囲も拡大していると言えます。

学問としての経営学

例えば明治大学のシラバスでは、経営学は次の内容が2018年度の講義内容として予定されていました。

時としてマーケティングや戦略面のみが注目されやすい経営学ですが、「経営組織」「経営管理」「経営戦略」「財務会計」「経営情報」「経営法務」といった領域も含む場合があります。

また人の行う活動という面で「心理学」や「経済学」ともかかわりの深い分野でもあります。

Wikipediaによる経営学の定義は「経営学とは「社会システムを中心とする環境のなかで企業がいかに運営されているか」を解明する学問である。その対象は、今日において企業はわれわれにとってきわめて重要な存在であり、また、こうした企業についての経営学は基本的なものとして、その他の諸組織に容易に応用出来るので、経営学の対象は企業に限定される。広くは、企業だけでなく、官庁組織、学校その他一般に組織といわれるものすべてを含むと考えられる。 」とされています。

新入社員が経営学を学ぶメリット

実務では全てにおいて「なんとなく進めることが可能」です。書類作成や企画立案を多くの場合は会社の慣例に従って取り組み、やり直しながら進める事で乗り切る事は出来ます。

何かプロジェクトを任された時にも、書店でそれらしい本を見つける事で対処も可能でしょう。

ただ、何事も「原理原則」を知る、という事が強い意味を持っています。経営学は歴史の浅い学問とされていますが、それでも多くの原理原則が報告されています。それを踏まえて取り組めば、成功する可能性はぐっと上がるでしょう。

働く上で避けられない経営の知識

新入社員としてどんな会社に入ろうと、それが会社である限り、避けて通れないのが経営に対する知識です。

事務であれ、会計であれ、外回り営業であれ、経営学は役立ちます。自分の会社が良い状態なのか、転職先は良い会社なのか、社長の判断は正しいのか、上司の指示は正しいといえるのか、そうした点も少しずつ見えてくるでしょう。

働くうえで心強い味方になってくれるのが経営学です。