未分類

第10問
甲が商標 A について商標登録出願を行ったところ、他人乙の先願先登録商標 B が、商標 A に類似する商標として引用され、拒絶理由通知が発せられた。この場合に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 商標 A と商標 B の類否は、それぞれの商標が同一又は類似の商品に使用された場合に、商品の出所につき誤認混同を生ずるおそれがあるか否かによって決せられる。

イ 商標 A と商標 B の類否は、まず、それぞれの商標の要部を抽出し、その後、商標 A と商標 B の要部のみを対比することにより、判断しなければならない。

ウ 商標 A の登録を乙が承諾している旨を示す証拠が提出された場合、乙の利益が害されることはないため、審査官は当該証拠を資料として参酌して登録する義務がある。

エ 商標 A は立体商標であり、その指定商品は有体物である。一方、商標 B は平面商標であり、その指定役務は、無体物である。この場合、商標 A と商標 B と は互いに類似とされることはないため、甲は意見書を提出して審査官の判断を覆すべきである。

商標Aを取ろうとしたら、別の人が先に取得していた商標Bと似ているから登録できませんよ、と言われた場合の対応についてです。

ア は商標Aと商標Bの似ているかどうかの判断は、それぞれの商標が、同じ商品か、近しい商品に使用された時に、メーカー等を誤解して購入する恐れがあるかどうかで決められる?という内容です。

商標でメーカーを誤解しないようにする、というのがそもそもの目的ですからこれは正しい内容といえます。

イ は商標Aと商標Bが似ているかどうかは、それぞれの商標の中で、独立して自他商品・役務の識別標識としての機能を果たし得る部分を比べて判断しなければならない。

商標が類似するかどうかは様々な状況から判断されます。

ウ 商標Aの登録を相手が承諾している証拠があれば、利益が害されることはないので参酌して登録する義務がある?ということですが、問題は消費者が誤認するかどうかなので、義務はありません。

エ 立体商標と平面商標であっても、立体商標を特定の角度から見た場合にそれが平面商標と類似している場合は登録することができません。