平成28年運営管理

標準作業の問題 | 運営管理H28-14

第14問
作業管理に利用される「標準作業」に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 作業管理者を中心に、IE スタッフや現場作業者の意見を入れて全員が納得した作業でなければならない。

イ 作業者の教育・訓練の基礎資料とするため、熟練作業者であれば実施可能になる最善の作業でなければならない。

ウ 生産の構成要素である 4M(Man, Machine, Material, Method)を有効に活用した作業でなければならない。

エ 製品または部品の製造工程全体を対象にした作業順序・作業方法・管理方法・使用設備などに関する基準の規定でなければならない。

標準作業

標準作業とは、そのやり方をすれば誰でも一定の品質の確保、タクトタイムの遵守、安全対策ができるというものです。これを形式知化させたものが作業要領書となります。

簡単にいえば、各工程のお手本でありマニュアルのようなものです。作業者が新しく着任した人でもすぐに品質が保証できる作業ができるようにするためのものでもあるので、全員が納得する作業でなければなりません。

また熟練工ではなく、作業初心者でも実施可能になるレベルまでの落とし込みが必要となります。

標準作業は、作業を行う手順ややり方、コツがどこにあるのか、何を使うのか、何に注意するのか、というところの規定が必要となります。

よってイが正解となります。