運営管理

第40問
従来のバーコードでは実現が困難であった高度な商品等の管理や業務の効率化を実現するツールとして、近年、電子タグ(IC タグ、RF タグ、無線タグなど)が注目されている。この電子タグの特徴に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 電子タグの IC チップには、メモリが搭載されており、識別情報などを記録することができる。

イ 電子タグは、金属で被覆しても、通常非接触で読み取り可能である。

ウ 電子タグは、必要に応じて、メモリに書き込まれたデータを保護し、セキュリティを強化することができる。

エ 電子タグは、無線を使って通信するため、非接触で読み取り可能である。

オ 電子タグは、用途に応じてカード型やボタン型の形状が存在し、小型化や薄型化も進んでいる。

電子タグの利用については、レジの無人化に必要不可欠であるとされています。

電子タグを用いれば、商品をカゴに入れたまま読み取り機に通して決済したり、買い物袋に商品を直接入れて出入り口の読み取りエリアを通って自動決済したりと、未来の購買活動を支える機能として期待されています。

問題点としては、2018年現在では1個あたりの単価が10数円程度まで下がっているものの、社会的な普及には1個1円以下が望まれています。

どこでタグ付けを行うのか、製造段階か小売店でやるのか、情報のプログラミングは誰がやるのかなどの課題が残されています。

さらに、コンビニエンスストアなどではお弁当などレンジを使うものがありますが、ICタグは電子レンジが使えない事も課題となっています。また、例えばアルミホイルなどで覆ってしまうとタグからの電波が読み込めないので、万引き対策をどうするのか、こうした課題がある事が普及への足かせになっています。

RFIDタグやNFCタグなど、様々なタグ製品があるのも、これからどこに統一されていくのかなど、業界としても注目が必要です。