平成28年企業経営理論

コストリーダーシップ戦略の問題 | 企業経営理論H28-6

第6問 企業が競争優位を獲得するための競争戦略のひとつであるコスト・リーダーシップ戦略に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア コスト・リーダーシップ戦略では、継続的に自社製品を購入する顧客を確保するために、ブランド・ロイヤルティを高めることが課題となり、企業の提供する付加価値が明確になっている。

イ コスト・リーダーシップ戦略は、市場成長率が安定してきて、製品ライフサイクルの成熟期以降に採用する戦略として適しており、企業が脱成熟をしていくうえで有益な戦略となる。

ウ コスト・リーダーシップ戦略は、多角化した企業において、シナジーの創出によるコスト削減を目指していく戦略であるので、事業間の関連性が高い企業の方が、優位性を得やすくなる。

エ コスト・リーダーシップ戦略を行う企業が、浸透価格政策をとると、自社の経験効果によるコスト低下のスピードは、競合他社よりもはやくなる。

オ コスト・リーダーシップ戦略を行っている企業は、特定モデルの専用工場を建設し、生産性の高い設備を導入しており、新しい市場ニーズへも迅速に対応できる。

 

コストリーダーシップ戦略

いかなる戦略に限らず継続的に自社製品を購入する顧客を確保することは重要です。ただ、コストリーダーシップ戦略においては、低コスト生産を価格に転嫁させることで低価格販売戦略が取れるので、ブランドロイヤルティを高めることは課題にはあがりません。

同戦略は、他社よりも低コストで生産をして、競争力を高めようとするものです。その手法は大量生産によることが一般的ですが、製造メーカーを自社に取り込んだり、材料の卸値を他社よりも安く抑えることなど、方法は様々あります。

また、コストリーダーシップ戦略であるからといって、単純に低価格競争をすることではなく、その主たる目的はあくまでも市場優位性の確保です。コストを下げた分、価格を維持したまま品質を高めることも可能になります。また例え市場全体が価格競争に陥ったとしても、コストが低い分他社よりも長く戦えるといった優位性を確保できます。

そのため、コストリーダーシップ戦略を採用するタイミングは早ければ早いほうが良いとも言えますし、市場が導入期であってもコスト面で優位に立てれば、その後の展開も楽になります。

多角化した企業がシナジーの創出によってコストを下げるというものだけではありませんし、単一事業を営む企業であっても戦略採用は可能です。専用工場が建設できればコストリーダーシップ戦略はもちろん可能になりますが、そこに強みを持つ企業を囲い込むことでも同様の戦略は可能になります。

以上のことから残るのはエの選択肢ですが、「浸透価格政策」という言葉の理解が必要です。

浸透価格政策とは、価格政策の1つの方法。

製品を市場に投入する際に、イノベーターなどに高く買ってもらう「上澄み吸収価格政策」と、安い価格に設定して一気に市場浸透を狙う「浸透価格政策」があります。

競合他社に先駆けて浸透価格政策にでると、販売数量の増加が見込めることから、経験効果によってさらにコスト面での削減が可能になります。物を作れば作るほど企業は改善に取り組むので、他社よりも販売数を重ねれば重ねるほど、改善速度があがり、コスト低下が期待できるわけです。

正解はエです。