平成28年企業経営理論

組織運営 | 企業経営理論H28-16

第16問
A 社は技術者によって設立された中堅企業で、ハイテクエレクトロニクス製品を生産している。これまでマトリックス組織を採用して、既存製品のバージョンアップを通じて新製品を次々に市場に投入し成長してきた。

この間、トップマネジメントは経営戦略を策定する際に、技術者であるプロダクトマネジャーから5年先までの投資計画と利益計画を毎年提出させ、彼らと対話することを通じてどの製品分野に予算を配分するかの全社的な投資決定をしてきた。

一方、機能マネジャーには、複数の製品を生産するのに同じ工程技術が使えることなどから、原価計算を行い、その後に算定される利益率に応じて生産的経営資源を配分する権限を与えてきた。

既存製品のバージョンアップによる新製品開発も成熟段階に達したため、既存のマトリックス組織のもとで、これまでの製品とは不連続な技術による新製品の事業化に乗り出した。この製品の利益率は既存の製品群に比べて高かったので、機能マネジャーは積極的に生産的経営資源を新規事業分野に配分し始めたが、この企業全体の利益率は低下してきている。

A 社の全社的な利益率の低下の背後にあると考えられる問題に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 既存製品のバージョンアップが新製品に結びつく段階では有効に機能したマトリックス組織が、既存製品とは不連続な技術に基づく新規事業を遂行するには障害となった。

イ 既存製品のプロダクトマネジャーは5年計画を毎年提出していたため、トップマネジメントが近視眼的な学習に陥ってしまい、利益率の低い既存事業に投資を続けてしまった。

ウ 機能マネジャーが、新製品の方が利益率が高いことを知りつつ、その全社的な投資戦略に対する意味をトップマネジメントに伝えなかったため、トップマネジメントが迷信的学習に陥ってしまった。

エ 機能マネジャーに生産的経営資源の配分権限を与えていたが、投資決定権限を与えていなかったために、機能マネジャーが傍観者的学習に陥ってしまい、企業全体として最適な資源配分ができなくなっていた。

組織運営上の問題

毎年類似の技術を使用し、バージョンアップさせる形で新製品をリリースしてきたものの、それも限界と判断される状況なので、これまでの技術によらない新製品開発に着手したところ、それ自体は利益率が高かったのに、全体の利益が低下してきたなぜだろう、という問題です。

マトリックス組織なので、1構成に対して2人の上司がいる組織形態となります。

技術者であるプロダクトマネジャーは、5年先までの投資計画と利益計画を毎年提出していて、トップマネジメントも直近の目標をクリアすることに捉われる近視眼的な状況にあったと考えられます。

既存事業は、既存製品を通じて次々に新製品を投入し、とあるので、市場には複数の製品がリリースされている事が伺えます。それらの利益率に応じて予算配分をしていますから、利益率の低い製品でも投資計画と利益計画によって投資されてしまうため、全社的な利益率低下につながりかねません。

また、マトリックス組織はマーケティング部門、製造部門などの職能組織と、製品別のプロジェクト部門の相互関係によるもので、類似事業によって範囲の経済による恩恵を受けられる事が強みになる。

今回全く新しい技術による新商品開発になるため、これまでの範囲の経済ほど恩恵が受けられないため障害になった可能性は十分に考えられる。

機能マネジャーが、新製品の方が利益率が高いことを知りつつ、その全社的な投資戦略に対する意味をトップマネジメントに伝えなかったかどうかは文中からは判断ができないが、トップマネジメントはプロダクトマネジャーとの対話で予算配分をしていたので、原因と結果を見誤った可能性は考えられます。

また、一マネジャーが見られる範囲は限られているため、投資決定権限を持たせる事は基本的にはできない。また複数の案件に関わるマトリックス組織の場合、傍観的学習に陥るような事は稀であろうと考えられます。

正解はエです。