平成27年経済学

| 経済H27-11

第11問
昨今、外国人労働者の受け入れの是非が議論されている。
2種類の生産要素、資本 K と労働 N を用いて、生産 Y が行われる。資本と労働、そして生産との関係を、労働1単位あたりの資本と労働1単位あたりの生産との対応関係である、次の生産関数で表す。

y = f(k)

ここで k = K/N は資本・労働比率を、y は労働1単位あたりの生産量を表している。また、労働供給は一定率 n で増加し、常に完全雇用が実現しているとする。また人々は、所得の一定割合 s を常に貯蓄するとする。

新古典派の経済成長モデルの下図を参照した上で、外国人労働者の継続的な受け 入れによる労働成長率の上昇が、定常状態における資本・労働比率と労働1単位あたり生産量に与える影響に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。ただし k1 は、定常状態の資本・労働比率を表している。

解答群
ア 資本・労働比率は上昇し、労働1単位あたり生産量は減少する。
イ 資本・労働比率は上昇し、労働1単位あたり生産量は増加する。
ウ 資本・労働比率は低下し、労働1単位あたり生産量は減少する。
エ 資本・労働比率は低下し、労働1単位あたり生産量は増加する。