平成27年経済学

予算制約線に関する問題 | 経済H27-14

第14問
いま、2つの財、財 X1 と財 X2 を消費可能な個人の効用最大化行動を考える。当該の個人は、所得 80 を有し、財 X1 の価格は2、財 X2 の価格は4という条件のもとで、効用が最大になるよう財 X1 の消費量 x1 と財 X2 の消費量 x2 とを組み合わせることができる。この個人の効用関数は U = x1x2 と与えられており、合理的な 当該個人は、x1 = 20、x2 = 10 という組み合わせを選択することが分かっている。下図では、縦軸の切片 a と横軸の切片 b とを結ぶ予算制約線と無差別曲線 U の接点として、効用最大化の行動が図示されている。
この状況を説明する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

解答群
ア この個人は、所得 80 の使い道として、x1 = 20、x2 = 10 以外の組み合わせを選択することで効用を一層高める余地が残されている。

イ 財 X2 の消費量がゼロならば、財 X1 を 30 消費することで所得 80 を使い切ることができる。

ウ 縦軸の切片 a の値は、財 X1 の価格に応じて変化する。

エ 無差別曲線 U 上の2財の組み合わせ(x1,x2)では、いずれも効用水準が 200で一定である。

エが正解となる。