平成27年経済学

総費用曲線に関する問題 | 経済H27-15

第15問
下図には、固定費用 F と可変費用で構成される総費用曲線が描かれている。また、原点から始まり総費用曲線と点 K で接する補助線 A と、固定費用 F から始まり総費用曲線と点 M で接する補助線 B が描かれている。この図に関する説明として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

解答群
ア 生産量 Q2 は、平均費用が最小となる生産量である。
イ 平均可変費用と限界費用が一致する点は操業停止点といわれ、図中で点 Kがこれに該当する。
ウ 平均費用と限界費用が一致する点は損益分岐点といわれ、図中で点 M がこれに該当する。
エ 平均費用と平均可変費用は、生産量 Q1 で一致する。

アが正解。