Warning: Creating default object from empty value in /home/augarten2/www/yourbusiness/wp-content/plugins/accelerated-mobile-pages/includes/options/redux-core/inc/class.redux_filesystem.php on line 29
生産関数に関する問題 | 経済H27-16|新入社員でも分かる経営学
平成27年経済学

生産関数に関する問題 | 経済H27-16

第16問

 

ただし、Y は生産量、K は生産における資本投入量、N は生産における労働投入量である。

このときの記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a この生産関数において、投入される資本の限界生産力は一定である。

b この生産関数において、投入される資本の限界生産力は逓減している。

c この生産関数では、ある状態から資本投入量と労働投入量をともに2倍にすると、生産量も2倍になる。

d この生産関数では、ある状態から資本投入量と労働投入量をともに2倍にしても、生産量は2倍には及ばない。

解答群
ア aとc

イ aとd

ウ bとc

エ bとd

生産関数

0.5乗は√ なので、Y=√K × √N ということになります。

限界生産力は投入する生産資本を1増加させた時の生産量の変化量の事です。

資本投入量は、例えばKが2の時は1.414…、3の時は1.732…、 4の時は2になりますから、Kが一定値で増えても限界生産力は一定にはならず、逓減していきます。

また、分かりやすくKとNがともに4だとしましょう。√4×√4です。

√は2乗すると√が外れるので、Y=4となります。

では2倍にしてKとNがともに8になりました。√8×√8=8です。

よってYも2倍になるという事になります。

正解はウとなります。