Warning: Creating default object from empty value in /home/augarten2/www/yourbusiness/wp-content/plugins/accelerated-mobile-pages/includes/options/redux-core/inc/class.redux_filesystem.php on line 29
平均費用曲線と限界費用曲線のグラフを読む問題 | 経済H27-17|新入社員でも分かる経営学
平成27年経済学

平均費用曲線と限界費用曲線のグラフを読む問題 | 経済H27-17

第17問
いま、下図において、ある財の平均費用曲線と限界費用曲線、および当該財の価格が描かれており、価格と限界費用曲線の交点 d によって利潤を最大化する生産量 q が与えられている。

この図に関する説明として、最も適切なものを以下の解答群から選べ。

解答群
ア 利潤が最大となる生産量のとき、四角形 adqo によって平均可変費用の大きさが示される。
イ 利潤が最大となる生産量のとき、四角形 adqo によって利潤の大きさが示される。
ウ 利潤が最大となる生産量のとき、四角形 bcqo によって収入の大きさが示される。
エ 利潤が最大となる生産量のとき、四角形 bcqo によって総費用の大きさが示される。

グラフから読み取る癖付けを

利潤が最大になる条件は、価格(限界収入)=限界費用となる点です。

それが今回点qという事は問題文でも指示されています。

さて、アの示す四角形adqoは何を示しているのか考えて見ましょう。

いま価格はa円です。販売される数量はq個なのですから、adqoは総売上を示している、ということが分かります。

これでアとイは違うという判断が出来ました。

四角形 bcqoはどうでしょうか。点cに着目すると、この点はq個売り上げた時の1個あたりの平均費用の金額を示しており、具体的に金額はb円という事を示しています。

つまり、四角形bcqoは総費用ということが読み取れます。

よってエが正解となります。

総売上と総費用が分かったわけですから、残る四角形adcbの領域が最大化された利潤という事になります。