平成27年経済学

ゲーム理論(応用)問題 | 経済H27-20

第20問
いま、ある事業を独占的に提供している既存の企業 A がある。この事業には、新規参入を希望する企業 B も存在している。企業 A は、この事業で「高価格」戦略 か「低価格」戦略を採用することができ、企業 B は、「参入」ないし「参入せず」を選択することができる。以下の樹形図は、このようなゲームの様子を整理したものであり、カッコ内の値は、左が企業 A、右が企業 B の利得を表している。なお、政府は、この事業へ参入規制を設けて、新規企業 B が「参入」を選択できないように計らうこともできる。

このときの記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 政府が参入規制を設けていない場合、企業 A が「高価格」を設定し、企業 B が 「参入せず」を選択するのはナッシュ均衡である。

b 政府が参入規制を設けていない場合、企業 A が「低価格」を設定し、企業 B が 「参入せず」を選択するのはナッシュ均衡である。

c バックワード・インダクションの解では、政府が参入規制を設けていない場合、企業 B は「参入せず」を選択する。

d バックワード・インダクションの解では、政府が参入規制を設けている場合、企業 A は「低価格」を選択する。

解答群
ア aとc イ aとd ウ bとc エ bとd

ウが正解