平成27年経済学

政府支出効果をIS-LM分析から読み解く | 経済H27-6

第6問
拡張的な財政政策、たとえば政府支出の拡大は、下図の IS 曲線を IS から IS′ へ
とシフトさせる。ただし、Y は GDP、r は利子率である。下図に関する説明とし て、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 政府支出拡大の結果、利子率の上昇によって投資が減少するため、GDP は Y1 となる。
b E2 では、貨幣市場において、貨幣の超過供給が発生している。
c 「r1 – r0」で表される利子率の上昇は、政府支出拡大による、貨幣の取引需要増加の結果生じた。
d 「Y1 – Y0」が政府支出の拡大分に相当する。

解答群
ア aとc イ aとd ウ bとc エ bとd

IS-LM分析

財市場における利子率と所得のバランスを見ることができるIS曲線。いわゆる投資と貯蓄の均衡を示すものですが、
Y=C+I+Gという計算式で作られます。

Y・・・GDP
C・・・消費
I・・・投資
G・・・政府支出

このいずれかが拡大する場合、IS曲線はシフトします。今、政府支出が拡大されたことで、IS’の曲線が描かれました。政府支出が行われる分貨幣需要が増加することになり、貨幣の需要増加によってLM曲線上に利子率が上昇して行きます。利子率が上昇すると投資が控えられるようになるので(a)は正しいといえます。

LM曲線の超過需要をわかりやすく

仮に、利子率の上昇が抑えられ、そのままE2まで横スライドしたとします。するとLM曲線がはるか上にある状態となります。LM曲線は貨幣市場の均衡を示すものです。

Y=L1+L2の式で表されますが、L1は取引需要、L2は投機的需要を意味します。
取引需要とは、買い物をするための現金が欲しいな、という需要です。
投機的需要とは、債券を買うための現金が欲しいな、という需要です。(債権ではありません)

今、E2の位置に利子率があると仮定しています。この所得の位置では、まだ利子率が安いと考えられています。そのため(LM曲線の位置までまだ割安感があるので)債券を買うための現金がもっと欲しい、という超過需要が発生します。債券が買われていくと、どんどん利子率が上がり、債券価格は下がっていきます。そしてLM曲線に接するところまで利子率が上昇すれば、債券の魅力がなくなるので超過需要が解消される、というわけです。

よってE2の位置にある場合、貨幣市場は超過需要であると言えます(b)。

政府支出の拡大幅はどれか

ウ「r1 – r0」とエ「Y1 – Y0」のどちらが正しく、何を表しているのでしょうか。

政府支出の拡大によってIS曲線がシフトし、r1まで利子率が上昇しました。LM曲線上を移動する形になっているのでLM曲線の条件は変わっていません。これは政府支出の拡大によって活況になり、取引需要が増加したと考えられます。

ウが正しい、ではエは何を示すのでしょうか。

「Y1-Y0」は、GDP全体の増加を示しており、政府支出以外も含まれます。政府支出もGDPの数値なので、ついこちらを選びそうになりますが、金利が上昇したことによる投資の増加分も含まれることに着目しなければなりません。

よってa,cが正しく、アが正解になります。