平成28年経済学

外部不経済のグラフの見方に関する問題 | 経済H28-17

第17問
いま、完全競争下にある合理的な企業の生産活動を考える。当該企業が生産活動で考慮する私的限界費用 MCP は下図のように描くことができるものとし、価格が k であるものとして生産量を決定している。

ただし、当該企業の生産ではいわゆる「負の外部性」が生じている。負の外部性を考慮した社会的限界費用 MCS は、私的限界費用に社会的負担を加えたものとして下図のように描くことができる。当該企業は、外部性を考慮することなく、価格 k と私的限界費用が一致する生産量を選択するが、社会的に最適な生産量は価格 k と社会的限界費用が一致する生産量であるため、社会的には過剰生産による厚生損失 (デッドウエイトロス)が生じてしまう。

このとき、下図に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 外部性を考慮しない当該企業の私的な生産費用の大きさは、△oik で示される面積に相当する。
b 外部性を考慮しない当該企業の私的な生産者余剰の大きさは、△ojk で示される面積に相当する。
c 外部性によって生じるデッドウエイトロスは、△ohj で示される面積に相当する。
d 外部性によって生じるデッドウエイトロスは、△hij で示される面積に相当する。

解答群
ア aとc
イ aとd
ウ bとc
エ bとd

外部不経済のグラフ

外部不経済は、経済主体の行為が他の経済主体に悪影響を及ぼすことを指す経済学用語です。その外部不経済の効果に対して、実質負担をあげて消費を抑えさせることを目的に課す税をピグー税といいます。

ピグー税課税前の企業の限界費用は、MCPで表される部分です。この状態から、量が増えれば増えるほど重税が課されるMCSがピグー税課税後となります。

△ojk の部分は、外部不経済を考慮しない場合の企業の生産者余剰に該当します。

今、ピグー税によってMCSへと変化します。そうすると企業にとって最適な生産量は価格 k のライン上ではjでしたが、jの生産量のままMCSにあてはめると、hの位置になり、このままでは社会的に最適な生産量とは言えません。生産量を落として最適な価格kまで落とすと、iの位置になります。

そうすると、△ohjの分だけ厚生損失が発生することになります。なお、社会的限界費用を強いられた時の生産者余剰は△okiの部分になります。

以上のことから、エが正解となります。