平成28年経済学

比較優位性に関する問題 | 経済H28-19

第19問
いま、A さんと B さんだけが存在し、それぞれコメと豚肉のみが生産可能な世界を考える。下表は、A さんと B さんが、ある定められた時間 T のすべてを一方の生産に振り向けた場合に生産可能な量を示している。また、下表にもとづく2人の生産可能性フロンティアは、下図にある右下がりの直線のように描けるものとし、A さんと B さんは、自らの便益を高めるために生産可能性フロンティア上にある生産量の組み合わせを選択する。
このような状況を説明する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

解答群
ア A さんは、いずれの財の生産においても、B さんに対して比較優位を有するために、B さんとの生産物の交換から便益を得ることができない。

イ A さんは、いずれの財を生産するにせよ B さんよりも生産性が高く、絶対優位を有するために、B さんとの生産物の交換から便益を得ることができない。

ウ 比較優位性を考慮すると、A さんはコメの生産に、B さんは豚肉の生産にそれぞれ特化し、相互に生産財を交換し合うことで、双方が同時に便益を高めることができる。

エ 豚肉の生産について、A さんは B さんに対して比較優位を有する。

比較優位は得意なことをする考え方

比較優位は、貿易理論の基礎的考え方とされていて、例えば工業と農業の2つのみで貿易する場合、2国間で同じことをするのではなく、どちらかが得意なことをすればより効率的に発展するというものです。

まず素直に比較すれば「絶対優位」かどうかがわかります。Aさんはお米も豚肉も、Bさんと同じ時間でより多く作ることができます。これはどちらの財もBさんより優位で「絶対優位」な状態にあると言えます。

次に、いずれかの財を同じ単位で固定します。まずは単純に豚肉を固定するとします。
すると
豚肉を1生産する時間でAさんは4倍、Bさんは6倍お米を収穫することができることがわかります。つまりBさんはお米に比較優位を持っていると言えます。

一方、お米を1生産する時間でAさんは4分の1、Bさんは6分の1豚肉の収穫ができます。つまりAさんは豚肉の生産に比較優位を持っていると言えます。

以上のことからエが正解になります。

絶対優位は単純にそのまま数字比べで対処してよく、2財のいずれも絶対優位となることがあります。
比較優位はどちらかに基準を合わせて多い少ないを判断するので、必ず1つの財しか比較優位になりません。

優位なのが数字が多い場合なのか、少ない場合なのかによって答えが変わるので、単位が何かはしっかりと確認したいところです。