平成29年経済学

需要曲線が垂直な税負担について | 経済H29-11

第11問
下図によって間接税(従量税)の経済効果を考える。需要曲線を D、課税前の供給曲線を S、課税後の供給曲線を S′ で表す。税は生産物1単位当たり t とし、納税義務者は生産者とする。下図では、税負担がすべて消費者に転嫁されている。
この図に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 税負担がすべて消費者に転嫁されるとき、消費者の支払う税額は四角形 PEE′P′ で示される。
b 税負担がすべて消費者に転嫁されるとき、生産者の受け取る価格は課税前に比 べて t だけ低下する。
c 税負担がすべて消費者に転嫁されるのは、需要の価格弾力性がゼロだからである。
d 税負担がすべて消費者に転嫁されるのは、生産量の増加に伴って限界費用が増加するからである。

解答群
ア aとc イ aとd ウ bとc エ bとd

需要曲線が垂直かつ課税対象

需要曲線が垂直ということは、価格が上下動しても需要量は変わらないということを意味します。具体例として上がるのは塩です。安くても大量に買い込む必要はなく、高くても買わないわけにはいきません。個別に見れば、スーパーなどで安売りされていれば大量に買い込むこともありますが、ここはマクロの視点で見ているので社会全体とすればほぼ垂直になります。

ここで税負担について、その全てを消費者に転嫁する、とあります。生産者にふりかかった税金が、商品価格に上乗せされたというケースです。値段がP円からP’円に上がりました。この時、消費者の支払う税額は四角形PEE′P′ の部分です。

生産者が(最終的に)受け取る価格は課税前も課税後も変わりません。

税負担がすべて消費者に転嫁されるのは、需要の価格弾力性がゼロだからです。販売数量を上げることができないので、税負担分を企業努力で解決できないからです。

生産量は一定で増えていくので、限界費用は変化しないことが考えられます。

以上のことから、アが正解です。