平成29年経済学

マネタリーベースの理解を問う問題 | 経済H29-7

第7問
2016年9月、日本銀行は金融緩和強化のための新しい枠組みとして「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を導入した。この枠組みでは、「消費者物価上昇率の実 績値が安定的に2%を超えるまで、マネタリーベースの拡大方針を継続する」こととされている。

マネタリーベースに関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a マネタリーベースは、金融部門から経済全体に供給される通貨の総量である。

b マネタリーベースは、日本銀行券発行高、貨幣流通高、日銀当座預金の合計である。

c 日本銀行による買いオペレーションの実施は、マネタリーベースを増加させる。

d 日本銀行によるドル買い・円売りの外国為替市場介入は、マネタリーベースを減少させる。

解答群
ア aとc イ aとd ウ bとc エ bとd

マネタリーベースとは何か?

マネタリーベースとは、日本銀行券発行高、貨幣流通高と日銀当座預金の3つを合計した金額のことで、日銀が発行している紙幣、貨幣に加え、銀行が中央銀行に預けている当座預金合計額を足した資金の総額のことです。

金融機関と中央政府を除いた、国内の経済主体が保有する通貨の合計はマネーサプライと呼ばれる別の概念なので、ここは区別する必要があります。マネーサプライをマネーストックと呼ぶこともあります。

買いオペ・売りオペ

新聞紙面に、日銀が買いオペ実施、などという言葉が掲載されることがありますが、日銀は市中に出回る金額をコントロールする手法として、日銀が市場で債券や手形を売買することがあります。

日銀が買いオペレーションを実施すると、日本銀行が市場の債券・手形を買うわけですから、市場に資金が出回ります。市場といっても公開市場で売買する形です。

例えば日本銀行が一般の銀行を通じて国債など債券を買うとします。すると一般の銀行にはその買いオペで資金が流入しますね。銀行はその資金を運用しようとしますが、日銀は同様の操作を様々な銀行を通じて行うので、多くの銀行が一斉に債券を買おうと動きます。すると、債券は利子が高いものから売れていきますから、徐々に利子が低くても買い手がつくことになります。結果として、日銀の買いオペによって市中の金利は低下する、という効果が期待でき、買いオペレーションによって、日本銀行券が発行されることになるので、マネタリーベースは増加します。

ドル買いの場合

どこから買うかを理解しておけば間違えることはありません。日銀がドル買い円売りをする場合、「市中の銀行が保有する米国債」を購入することになります。これによって、市中の銀行が保有する米国債が減り、円が増えます。結果としてドル買い円売りをすることでマネタリーベースは増加すると言えます。

以上のことから、bとcが正しいので、ウが正解となります。