平成28年財務会計

売上控除にならない項目とその理由 | 財務会計H28-2

第2問 売上控除とならない項目として最も適切なものはどれか。

ア 売上値引

イ 売上戻り

ウ 売上割引

エ 売上割戻

売り上げ関連の勘定科目の理解度を試される

売上値引は、その名の通り売上から値引きするもの。商品に瑕疵があるなどで正規価格より値段を引いて販売する事。

売上戻りは、商品が返品された時などの返品額。

売上割引は、売掛金を期日より早く支払ってもらえた場合に、その期日までの日数を利息計算して差し引くもの。

売上割戻は、まとめて購入するなどの場合にリベートとして差し引くもの。

値引、戻り、割戻はその勘定科目が発生する場合には売上を減額が可能ですが、売上割引(営業外費用)は売掛金と対するものなので、正解はウとなります。

逆パターンも把握しておこう

売上値引←→仕入値引

販売する人が値引きしたものが売上値引、購入する人が値引きしてもらった場合は仕入値引になります。

売上が上がったとき
  現金OO/売上OO
売上値引が発生したとき
  売上XX/現金XX

仕入れしたとき
  仕入OO/現金OO
仕入値引が発生したとき
  現金XX/仕入XX

売上戻り←→仕入戻し

売上が上がったとき
  現金OO/売上OO
売上戻りが発生したとき
  売上XX/現金XX

仕入れしたとき
  仕入OO/現金OO
仕入戻しが発生したとき
  現金XX/仕入XX

売上割戻←→仕入割戻し

売上が上がったとき
  現金OO/売上OO
売上割戻が発生したとき
  売上XX/現金XX

仕入れしたとき
  仕入OO/現金OO
仕入割戻しが発生したとき
  現金XX/仕入XX

純額主義の中では、この値引、戻し、割戻については、売上や仕入勘定から直接控除することが可能です。

売上割引←→仕入割引

売上が上がったとき
  売掛金OO/売上OO
売上割引が発生したとき
  売上割引X-/売掛金X-
  現金  X-/

仕入れしたとき
  仕入OO/買掛金OO
仕入割引しが発生したとき
  買掛金XX/現金X-
       /仕入割引X-